繰り返してしまう|繰り返す症状への対策では専門のクリニックを活用しよう

繰り返してしまう

カウンセリング

女性に多い

日本人の特性としては几帳面で真面目な人種という印象があり、また子供の頃からの教育でも周りの人との協調性を重視することを教えられてきました。そのために大人になって成人してからも仕事は真面目にコツコツという風潮の中で、我慢をすることも美徳という感覚があるためにストレスを抱えることも我慢となります。感覚的にまずいのは真面目な人がストレスを抱えてしまうと精神的な疾患へとなりやすく、また我慢するという美徳が邪魔をして病的なことまでも対応が遅れることです。発見や対応が遅れてしまうことでうつ病になり、今では反復性うつ病になる人も増えているのが現状としてあります。原因はうつ病と同じですが治療をして治ったと日常生活をしても、突然またうつ病になることを繰り返すことを反復性うつ病といわれている所以です。反復性うつ病では、甲状腺刺激ホルモンへの反応が鈍くなっていることがわかっているので、薬物療法や精神療法などを繰り返し行うことで治療がすすめられます。原因としてストレス社会との繋がりが問題となることも多く、休養や職を変えたり生活環境を変えることで反復性うつ病を治すことになります。

この反復性うつ病はストレスが原因となりえますが総合的に見て、男性よりも女性がなりやすいということもわかっています。女性がなりやすいということには、女性特有の考え方や人間関係の繋がりが見え隠れしていることも考えられます。まず女性の日常生活でのコミュニティーには同じ同性とのやり取りの中で、男性よりも難しい人間関係の構築がわかります。まず女性は嫉妬しやすいということや、この人が嫌いとなった場合にはたとえ仕事の付き合いでも完全にシャットアウトをする人が多いです。そうなってしまうとトラブルになることも多く、ストレスを抱えやすくうつ病から回復しても反復性うつ病になりやすいことも少なくありません。また人間関係が原因となっていることからも、社会生活において新しい環境になったとしてもトラウマになっている人がいれば、治すことが難しくなります。諦めないで心療内科などでカウンセリングを受けながらセラピー療法をやってもらうことで、新しい自分に生まれ変わることができる可能性があります。