繰り返すうつ病|繰り返す症状への対策では専門のクリニックを活用しよう

繰り返すうつ病

悩む男性

何度も繰り返すうつ病とは

現代はストレス社会。グローバル化が進む日本では、外国人労働者の人たちと同じ職場環境で働くことも珍しくなくなってきています。そのような社会の中では、人的ストレスが増えこそすれ、決して減ることはありません。あまりに強いストレスに継続的にさらされていると、うつ的な傾向がでてきます。心身がこうした傾向を処理できなくなると、うつ病が起こります。ストレスがうつ病の原因になる場合が多いのです。一回性のうつ病ならば、薬物治療を早期にかつ適切に処方すれば完治する可能性が高くなりますが、中には、一旦完治したはずのうつ病がその後も繰り返してでてくる場合があります。これが反復性うつ病と呼ばれるものです。反復性うつ病という名前からわかるように、うつ病の発症と完治を繰り返す精神疾患です。したがって、治療法は一般的なうつ病と同じです。費用に関しても、通常のうつ病の治療にかかるものと変わりません。ただし、一回性のうつ病が長期にわたるものに比べると、一旦完治する時期が間に入るために、反復性うつ病の場合には、薬物治療を行わない時期が入ってくる分、薬代の合計が安くなります。ストレス社会が原因となる反復性うつ病も増える傾向にあります。

反復性うつ病の原因が主としてストレスにある点は、現代社会の負の面ではあります。しかし人材不足、働き方改革や副業のすすめなど職場環境を自分で変えられる機会は増えています。もっとも職場環境を変えても、必ずしも自分に合った環境を見つけられるとは限らないため、変える職場ごとにうつ病を減って起こす場合もあります。反復性うつ病はその点で現代病の一つでもあります。ところで、反復性うつ病は、一般に一回のうつ病の平均持続期間が3ヶ月から1年ですが、中には2週間以下という、比較的短期のものもあります。反復性短期うつ障害といわれるものですが、通常の反復性うつ病とは病因が異なる場合もあります。反復性うつ病の場合、40歳代の女性に発症が多く、これは女性の社会進出と社会の中での活躍の場が増えたことに起因しているとされています。一般的には男性よりも女性の方が気の使い方が繊細なため、ストレスを受けたときの流し方がうまくないのです。このように女性の社会進出を原因としているこの疾患は、注目度の高い現代病となっています。